目元のクマには、3種類のクマがありますが、
一番多いのは、青クマと呼ばれる睡眠不足などで現れるクマではないでしょうか。

青クマができる最大の原因は血行不良です。

疲れや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどによって、
血行、血流が悪化すると、血液がうっ血します。

目元の肌は厚みが大変薄く、
顔のその他の部分、例えば頬などの皮膚の厚さに比べ、
3分の1くらいの厚さしかありません。

その薄い皮膚を通して、うっ血した血液が透けて見えてしまいます。

これが目元のくまとして現れているものです。

できたくまをそのまま放っておくと、色素沈着の可能性も否定できませんので、
目元にくまができると、早急に改善するようにしましょう。

青クマを解消する方法としては、
生活習慣の改善やアイクリームなどの目元ケア対策コスメ、血行を良くして血流を促進するなどが考えられます。

目元のくま対策コスメとしては、
血流を良くする成分や炎症を抑える成分が配合されている目元専用の化粧品を選ぶといいでしょう。

目元は乾燥しやすいので、保湿成分が配合されている美容液や化粧品を選ぶことも大切です。

茶クマと呼ばれるメラニン色素が沈着し、慢性化してしまった目元のくまには、
血行を促進する成分が配合されているのと同時に、
メラニンの生成を抑制し、その排出を促進する成分が配合されている目元化粧品を選びましょう。

黒クマ対策コスメは、肌にハリを与え、たるみを解消する目元ケアクリームを選びましょう。